山中御殿

大手門を上がったところに3000平方メートル余りの平地があり、ここは城内の重要な場所でした。
山中(さんちゅう)御殿といわれた建物のあったところで、平地と石垣の上下2段に分かれた構造をしています。