花の壇

当時の侍所で、掘立柱建物等の施設跡が残っており、平成8年に一部が復元・建設されました。
御子守口からの城内道を見渡せるようになっており、防衛拠点としての機能も兼ね備えていたと思われます。